http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042801001472.html 47news:避難県民、半数世帯で家族分散 仮設狭く同居困難、福島県調査

要約

福島県は28日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のため県内外に避難している県民を対象に実施したアンケート結果を発表した。震災発生当時は一緒に暮らしていた世帯のうちほぼ半数の48・9%が、家族が2カ所以上に離れて暮らしていることが分かった。

疑問

疑問、家族が離れ離れになっている状況を、なぜ放置しているのか

考え、主張

原発事故が原因で離れ離れに暮らしているのだから、東京電力、政府は
家族全員が一緒に暮らせるよう対処、保証をすべきだ。